パソコンやカメラなどの家電製品はメーカーの工場で完全組立の後、出荷されてきますが自転車は少し変わった流通形態になっておりメーカー工場では完成品になっておりません。
販売店には「7分組」と呼ばれる70%が完成状態で出荷されてきます。70%が完成しているとはいいましてもパーツなどは形だけ取付けているという状況です。メーカー側としては組立ての最終工程、最終チェックの作業は販売店に託しているという事になります。つまりは販売店での組立作業によって「同じ商品が、必ずしも同じクオリティである」という事にはなりません! ロングライフの観点からショップでの組立整備の工程が非常に重要です。この部分の差はその後のサイクルライフの質の面で大きな影響を与えてしまうからです。具体的には乗り心地、長いスパンでのメンテナンス性の面などで確実にその差が現れてきます。最初の組立整備の時点で不備がありますと、のちのメンテナンスでかえってコストがかかって高くついてしまったり、「この自転車はこんなものか。。」とその自転車の本当の楽しさを味わえず、愛着もそれほど持てない。→大切にしなくなる。という悪循環にもつながってしまします。GCSメカニックは一般車メーカー、輸入スポーツバイクメーカーに長年勤務し 商品企画、海外生産工場での製品チェックなどをしていた経験をもとに流れ作 業的な組立ては一切致せず一台一台開発者の意図を100%汲み取りながら、工場組み上げ段階での悪いところを全てフォローして再度念入りに組み立てをしております。
もちろん、GCSでご購入頂きましたすべての自転車には無料にて組立整備が含まれております。
(他店にてご購入いただきました自転車の場合にも通常一般価格¥21,000にて対応いたしております。

スタンダードメンテナンスに該当する作業となります。)

下記はGCSが組み上げ時に必ずチェックするポイントの一部分を公開いたします。

①ホイールの振れ取り作業

ホイールは工場組み立て段階では確実に100%振れております。
グリーンサイクルステーションでは、振れ取り作業台にホイールを乗せスポークの張りを整え、ホイールのセンターが整うまで何度も繰り返し縦振れ・横振れを最小限にする精度調整を行っております。

この作業を怠りますとホイール自体が歪みながら回転を致しますので、更にホイールの振れが激しくなり、走行に支障をきたしたりスポークが折れたりする原因となります。



②リムバンド(リムフラップテープ)

工場出荷状態では、稀にリムフラップテープがしっかりとスポーク穴を塞ぎきれずズレてしまっている場合がございます。
正常に装着がされているかの確認の後、不具合が発生しているテープは全てパンクなどのトラブル防止のために、ハイプレッシャータイヤに対応するコットン製のリムテープへ交換致しております。



③ヘッドパーツのグリスアップ

ヘッドパーツを開け、ベアリング(リテーナー)の異常確認を行います。
工場組み立て段階では残念ながら、殆どグリスが塗られておりません。
グリーンサイクルステーションでは、このように必ずたっぷりグリスアップを行います。
(この作業を行いますとスムーズなハンドル操作とベアリングの錆防止効果が得られます。)

④ブレーキ、シフトレバーの角度調整、固定ネジの増締め

ブレーキの角度を左右対象に合わせ、適正位置でネジ部品の増し締め作業を行っております。

⑤シートアングルの調整

工場出荷の状態では、シートの角度が適正でない位置で固定されているケースが多くございます。
オーナー様に快適にご利用頂けますよう、取り付け位置、角度の調整を行っております。

⑥ブレーキワイヤーの交換

グリーンサイクルステーションでは、純正のブレーキワイヤーを劣化に強い、シマノ製ステンレスワイヤーに交換をしております。
更にスムーズなブレーキのタッチを求める為に、アウターホース内に専用の潤滑油を注油し調整作業を行っております。



⑦フロントスプリング受けの調整

フロントフォークのスプリング受けパーツが、適正位置からズレている場合、異音などのトラブルの原因となります。
未調整の箇所のため、確実に適正位置への固定作業を行っております。



⑧フロントフォーク ピポット部品

フロントフォークの稼働個所(ピポット)は、工場出荷状態では固定にばらつきがございます。
スムーズに折りたたみ動作が行えますよう組み立て作業時は、ピポットネジの増し締めと動作テストを行っております。

⑨タイヤストッパーの調整

折りたたんだフロントホイールが車体を持ち上げた際にフロントホイールが脱落しないようタイヤストッパーの微調整を行っております。


⑩変速機(ディレイラー)のインデックス調整

工場出荷状態では、変速機の調整が不十分な場合が多くより正確な変速動作を行うために、振り幅の調整を行っております。

⑪チェーンガイドの調整

BD‐1のリア変速機には、折りたたみ時にチェーンのたるみによるチェーンの脱落を防止するガイドが付属しております。
工場出荷状態では、このガイドが大きくチェーンを押さえつける形で干渉してしまっている場合には、走行に支障をきたすケースがありますので、適正位置での調整と固定個所の増し締め作業を行っております。

⑫ペダルの装着

ペダル装着の際には、固着や錆を防止するためにグリスを塗布した後、固定作業を行っております。

⑬ネジ穴のタッピング作業

塗装による厚みによりボルトがうまく入らない場合がある為、ネジの固定がスムーズにできるよう、必要に応じてネジ穴へのタッピング作業を行っております。

⑭ブレーキシューの調整

初期状態のBD‐1は、ブレーキシューの位置がバラバラな場合があるため左右等しく確実にシューがリムにあたり、異音の発生を抑制できるよう、取り付け位置、角度、クリアランスの調整作業を行っております。