輪行時、車体全体を覆うことができます。

バッグはサドルレールなどに装着しておくことも可能です。

重量:570g